blog

大学生のブログが就活で活きる理由 【サイトとは何か編】

blog

当記事では、大学生がブログを始めることによってもたらされるメリットについて解説していきます。

そのため、

  • ブログってどう始めるんだろう
  • ブログって稼げるのかな
  • ブログで成功するには?

そんな疑問をお持ちでこの記事までたどり着いて頂いた方には申し訳ありませんが、お伝えできる情報と求めている情報に少々ギャップが生じるかもしれないということを事前にご理解頂けると幸いです。

とはいえ、ブログってどういったものなのかという全体像がわからなければ、具体的なイメージがつきにくいと思いますので、まずサイトはどうやって機能しているのかについて考え、その上で社会人で通用するスキルを紹介、最後に就活で何故活きるのかについて解説していきたいと考えています。

また、理由を伝えることが趣旨なので、『サーバーとは何か』『広告とは』『ロジカルシンキングを身につけるには』といった各項を深掘りすることはこの記事では致しません。

あくまで、全体像を把握して、『ブログにはこんな利点があるんだな』と理解してもらえることがゴールです。

また当テーマは3記事に分けての解説となる予定です。

さて、これからそのゴールに向かっていくわけですが、『大学生 ブログ』のような記事を調べても、『大学生は稼げる!』『アフィリエイト!』『副業でできる!』そういったような記事を多く目にしたのち、この記事に行き着いて頂けたのではないでしょうか?

正直、私自身そういった記事は好みません。

その理由として、ブログに置ける『マイナスイメージ』が植えつけられることが挙げられます。

ブログに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

DMで絡まれる。。。』『札束見せつけてくる。。。』極端ですがそんなイメージを持っている人も少なくはないのではと考えています。

ただ、私の意見としてそれらのマイナスイメージによって学生の経験の機会を潰されるのは辛いことです。

そのため、そういった観点に対して、より大学生に寄り添った観点を持った1記事をここで書いていきたいと思います。

前置きが長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

サイトとは何か?

やっと出番がやってきたよ!
すまなかったな、前置きが長くなってしまった。
これから順々に解説していくぞ!
シルフク先生!
今まで、Yahoo!やGoogleで当たり前に検索したり、サイトを開いたりしていたけど、あれってどんな仕組みなんだろう?
確かに当たり前すぎて気にかけないな。
この章ではどう動いてるの?作られているの?マネタイズは?そんなところを解説していくぞ!

まず『サイトとは何か』を説明していくために、そもそもサイトがどのように作られ、どのように公開され、どのように収益を挙げているのかについて、全体像がわかるように簡潔に解説していきます。

サイトの構築

html_css

まずはサイトの構築からです。

みなさんがよく見る企業のHP好きなアーティストのHP、またYouTubeだったり、食べログだったりはどのように作られているのか考えたことがありますか?

今回は当サイト『知るナビ』を基準に解説していきます。

サイトを作るに当たってまずはサイト本体を作らなければならないですよね。

サイトを制作するには静的なHTML , CSSといったマークアップ言語が必要です。

また、ボタンの上にカーソルを合わせると色が変わる、スライドが自動で切り替わるといった動的なサイトにするにはJavaScriptと呼ばれるプログラミング言語が必要です。

さらに会員機能を追加する場合はRubyPHPといった言語を使い、WEBページを作成する必要があります。

このようにサイトを作成するにはマークアップ言語やプログラミング言語を学ぶ必要があり、最低でも3ヶ月ほどの学習時間が必要になると思います。

プログラミング学習に興味をお持ちの方はこちらも合わせてお読みください!【大学生】プログラミングスクールは必要なのか? 〜大学生 x PC 〜

しかし、最近はプログラミング言語を習得せずとも簡単にサイトを制作するための仕組みが整っています。

それがWordPressです。

WordPressはコンテンツマネジメントシステム(CMS)と呼ばれる、記事の作成や更新、デザインの変更をはじめとするコンテンツ管理が誰でも簡単にできるシステムです。

全サイトの約3割がこのWordPressで作成されています。

さらに『有料テーマ』と呼ばれる、事前に作成されたものをダウンロードするだけで簡単にカスタマイズできるものがあります。

そのためサイトを完成させるために必要な知識はほぼゼロに近いと思います。

ただ、自分でカスタマイズするとなるとプログラミングの知識があるとできることの幅が広がることに間違いはないので、ブログと並行したプログラミング学習もお勧めします。

上述をまとめると、サイトを運営することによって、プログラミングをはじめとした、普段当たり前のように見ていたサイトの仕組みを知ることができます!

サイトの公開

blog_network

WordPressに有料テーマをダウンロードして、サイトとしては完成してもそこがゴールではありません。

サイトが完成しても、それを実際に公開させる必要があります。

ここで必要なのがドメインサーバーです。

メールに@〇〇○.〇〇.jpといったようなアドレスがあるようにインターネットの世界にもアドレスが存在します。

それはいわば住所のようなもので、これを『ドメイン』と呼びます。

知るナビで言えば、sirunavi.comが住所になります。

また、.comをはじめとして『トップレベルドメイン』と呼ばれるものがあり、

.com , .net , .org , .infoなどがこれに当たります。

各トップレベルドメインにはそれぞれ用途があるので調べてみてください。

次にサーバです。

サイトを表示させるための情報を格納しておくための場所を『サーバ』と呼びます。

WordPressで有料テーマをダウンロードして準備しました、という段階までは『自分自身のPC(ローカル環境)』で簡潔しているので外部からみてもらうことはできません。

そこでサーバに必要な情報を格納することによって公開できる状態にします。

例えば、sirunavi.comというURLを入力してサーバに送信します。

すると、サーバが格納してあるsirunavi.comのページを送り返し、ページが表示されます。

ブログを始める場合は『レンタルサーバ』と言われるサービスがあり、月額でサーバを確保することができます。

知るナビの運営もXserverと呼ばれるレンタルサーバにお世話になっています。

上述をまとめると、サイト運営によって、自身のサイトを世界に公開するためのサーバやドメインといった知識を身につけることができます!

広告の表示

Marketing

最後に、広告について簡潔に説明します。

冒頭でお伝えしましたが、『ブログはこんなに稼げるよ』そんな記事を書くつもりはありません。

しかし、かといって『お金=価値の提供』ですので、お金の流れを無視してサイト運営の仕組みを理解することは困難でしょう。

サイト運営の収益源はどこでしょうか?

その多くは広告収入です。

では一体どのように利益を生み出しているのでしょうか、個人サイトと法人サイトに分けて考えてみましょう。

まずは個人サイトです。

個人サイト運営者は『ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)』を通して、企業などの広告主へ広告を掲載するための申請をします。

広告主から承諾されると、広告の掲載をすることができます。

広告の形態は文字リンクからバーナーまで大小様々です。

その広告に関連する記事を書き、記事内で広告を掲載します。

検索から記事にたどり着いた消費者が記事を読んで、購入したい!契約したい!と思い、リンクをクリックしてそのまま購入・契約するとその利益の一部が広告主からバックされる仕組みです。

次に法人サイトです、学生が関わることが多い人材企業を例にしてみましょう。

『〇〇ナビ』のような大手人材企業も就活情報サイトを運営して記事を作成しています。

個人と同様に、検索から記事にたどり着いた消費者が記事を読んで、この人材会社に相談したい、この人材会社のアプリをインストールしたいとカウンセリング申し込みや、アプリの本登録があれば企業の目的が達成されます。

さて、個人サイトと法人サイトの共通点はどこでしょうか?

それは『記事を出来るだけ多くの人にみてもらいたい』という点です。

多くの人にみてもらえばもらうほど、購入・契約・申し込み・登録の数は増加します。

そのため、出来るだけ多くの人の目につくところに記事を表示したいと考えます。

それが検索結果の1ページ目で、特に一番上です。

何か知りたいことがあって検索した時にどの記事を見るでしょうか?

まず一番最初を見て、あまりいい記事でなかったらその下、その下にいくのではないでしょうか?

かといって、2ページ目、3ページ目にいくことってあまりないですよね、途中で『検索キーワードがあまりよくなかったのかな』と考えて、別のワードで検索をかけると思います。

そのため、サイトを運営するに当たって、検索上位(1ページ目の1番上が最上位)を狙うことが各運営者の目標となっています。

上述をまとめると、サイトを運営することでサイトの利益構造を体感することができます!

まとめ  : サイトの基本構造と利益構造が理解できる!

まとめ

いかがでしたか?

サイトを運営することで、『サイト作成』の裏側を知ることができ、『サイト公開』の仕組みを知ることができ、『サイト運営の利益構造』を知ることで『マーケティング力』や『営業力』、『検索力』を身につけることができます!

また、当テーマは3記事で構成され、サイト運営でつく具体的な基礎力、実際に就活にどう活きるのかについて今後の記事で解説していきます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

blog
最新情報をチェックしよう!