news

【5/6日経新聞】就活で使える時事問題をpickup!

【5/6日経新聞】就活で使える時事問題をpickup!

news

当記事はその日の時事ニュースを効率よくインプットしたい方に向けて書かれた記事です。

当サイトの著者である私は毎日日経新聞は欠かさず目を通しています。

そんな中、著者の毎日の習慣ついでに誰かのためになるのではないかと思いまとめさせていただきました。

あくまで著者の独断と偏見で重要・興味深い記事をピックアップし、思ったことを添えていきます。

新常態へ適応力試す
制限緩和でも感染抑止優先 「水面下」経済 長期化も コロナ出口は見えるか(1)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58787550V00C20A5MM8000/

このまま緊急事態宣言を続けていくのは限界を迎えている。1ヶ月の延長をしたが、これで倒産してしまう企業も多く出ることだろう。今月に入ってアビガンなどの特効薬の承認が進められてはいるものの、ワクチンの製造には1年から2年はかかるだろう。その中で、『自粛』によるその場しのぎの対策では経済が持たない。私自身このコロナ危機での死者は『感染による死者+経済による自殺者』であると考えている。年間の自殺者は経済の影響をそのまま受ける。日本の現状を見ると、感染による死者を自殺者が上回るのではないかと推測している。社会人のみならず若者も、今後の将来を考えた時、就活などを視野に入れた時に無視できない問題となる。

学費減免 2割満たず 国立大5校のみ 支援拡充が急務 30大学調査

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58789650V00C20A5MM8000/

そもそも大学にいく必要があるのかないのかから問うべきではないかという疑問。企業側がどれほど学業での成績を採用基準に反映しているのかと問えば甚だ疑問である。正直なところ入って肩書きを持ってしまえば十分なので、高校卒業時点での学力試験を行ってしまえば別に大学に行かずともいいのではないか。もちろん、理系の研究室やゼミで学びたいものが明確に定まっている意欲の高い人には大学が必要である。しかし、そのほかの人が行ったところで夏休みになるだけだ。今回のコロナ危機は教育業界を変革する可能性を秘めている。個人的にはオンライン大学を作って欲しい。

飲食店、夜も営業 劇場はマスク着用
34県に緩和指針、感染防止へ条件 経済活動再開手探り

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58786980V00C20A5PE8000/

世論の圧が強くとにかく『自粛』させられしまう現状。感染経路は接触感染と飛沫感染、換気の悪い場合はエアロゾルが発生しかねない。そう考えれば、例えば映画館の自粛理由はなんであろうか?事前に咳等の症状があるものを除けば、エアロゾルは回避でき、更に館内で私語を禁止し、マスクを着用させればどこが感染源になりうるのか。残されるのは手を洗わない人ではないか。グッズなどのカウンターで多くの人と接触すれば菌を受け取る可能性が高くなる。ただ、大事なのはアルコールや手洗いをする前に目鼻を触ってしまうことである。それはもはや個人の感染症リテラシーの話で如何しようも無い。正直そのような自粛する必要のない自粛が多く見受けられると思っている。大事なのは『自粛』を促すより、リテラシーを高めることではないか?

 

記事は随時追加していきます。

news
最新情報をチェックしよう!